ランニングを1ヶ月続けてみて思ったこと

5月末から始めたランニングが、気がつけば1ヶ月続いています。これからも続きそうな勢いで、来年あたりはマラソンにも挑戦しようか。。なんて目標も少しずつ見えてきて、どんどん楽しくなってきました。

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

今日は、ランニングを1ヶ月続けてみて思ったことを振り返ってみようと思います。

ランニングを始めたきっかけ

走ろうと思ったきっかけは、単純に健康のため

実は、ランニングは過去にも何度も挑戦していて、そのたびに挫折を繰り返していました。思い返してみると「疲れている」「時間がない」「というか走るの楽しくない」というような感じで、だんだん走らなくなるというお決まりのパターンでした。ただ、今回は本当にそろそろ運動を真剣にしないとまずいんじゃないかという機会があって、それは。。

妻が太ってきた!

うちの妻って、それほど運動をする方でもないのですが、体質的に昔からあまり太らないんです。同じような生活していても、僕だけぷくぷく太って、妻は昔のまんま。でも、我々も気がつけばアラフォー。先日何気なく妻の着替えを見ていたら。。

「おなか出てきてない?」

何しても太らなかった妻が!あの細くてすらっとしていたあの妻がっ!!

そこで思いました。

  • 妻にはできるだけ健康で、長生きしてほしい
  • 自分が運動を始めれば、きっと妻も始める
  • というか、あの妻が太ってきたんだったら、太りやすい自分は本気でまずい

と。ならば、自分が運動しないと!

続けられている要因:自分ルール

なんとか1ヶ月は続いていますが、最初は「今度もどうせすぐいやになっちゃうんじゃないか」という不安はすごくありましたが、一つだけ自分にルールを設けました。それは、

迷ったら走る!

至極シンプルですが、「走ろうか、走るまいか」で迷ったら、文句なしで走ることにしています。これが僕的にはすごく効いています。これは妻にも公言しているので、僕が迷っている雰囲気を出していると「迷ったら走るんでしょ」とぽんと背中を押してくれます。今でも週に一回くらいは迷う瞬間がありますが、どうしてもだめな理由がない場合は必ず走るようにしています。ただ、少し慣れてきて、走ることが楽しくなってくると、迷うこと自体減ってきましたが。

続けられている要因:フリーランスだから時間の融通が利く

「時間がない」というのは現代人の大きな課題だと思うんですが、僕なんかはフリーランスやっているので、時間は比較的自由に動かせます。どんなに忙しくても、人間が集中して働ける時間なんてMaxで8時間程度。翻訳やっていても、やはり7~8時間を過ぎるとどうしても翻訳スピード・品質が落ちるので、それ以上はまず仕事をしません。となれば、残業というものが基本なくなるので、時間がないといういいわけができなくなります。

会社勤めの場合はどうしても拘束時間があるので、ジムランナーだったり、早朝・夜間ランナーというケースが多いと思いますが、僕はまだ走るために早起きしたり、暗い中を走るというのはまだ苦手。また、ジムにお金を落とせるほどじゃんじゃん稼いではいません(余裕のあるお金は他に使いたい)。さらに、走るついでに今年は健康的に日焼けしたいとも思ってるので、基本は日中に走っています。日光浴びながら「今日も日焼けしてるぜぃ」と感じながら走るのは純粋に気持ちがいいです。時間的な融通の利くフリーランスでなければ続いているか・・・。意志の弱い僕なんかには無理だったかも。

続けられている要因:近所に好きなランニングコースがある

ランニングコースに恵まれているかというのも重要。昔からなぜか海の近くに住むという習性があり、現在の住居も海沿いというわけではありませんが、浜辺までなんとか歩ける距離に住んでいます。距離的には自宅出てから2kmほどで海。海沿いにはジョギングコースがあるので、あとは海沿い行ったり来たりというのがいつものコース。それでだいたい7~12kmは走れます。海は見ていて飽きないし、海の匂いも大好き。比較的開放的な雰囲気なので気分もすごくいい。走ることに関しては、本当に恵まれた地域に住んでいると思います。

でも、海じゃなくても、川沿いであったり、近所の公園であったり、もしくは田舎の田園地域だったり、日本であれば都会・田舎問わず走る場所は豊富じゃないかと思います。山ならトレイルランニングというのもあるみたいですね。頻繁に飽きずに走ろうとすると、自分が毎日見ていても飽きない景色であることは重要。また、ある程度認知されたジョギングコースがあれば、仲間のランナーもいて、これもいい刺激になります。

続けられている要因:お手軽に1日の達成感を感じられる

フリーランスやっていると、どうしても仕事的にいい日と悪い日があります。調子の悪い日だったり、単純に仕事がない日だったり。クライアントから悪いフィードバックが来る日だって稀にあります。そんな日でも、ちゃんとランニングだけすると、それだけである程度の達成感を感じることができます。完全に習慣化されると違ってくるかもしれませんが、今のところは走った日=いい日と単純に感じることができるので、ストレスを抑えるのにも効果があると思います。

走ることで見えてきた新しい目標

今は純粋に健康のために走っているだけですが、前述の通りマラソンにも挑戦したいと思えてきました。マラソン完走はいつか実現したい目標だったのですが、本当に実現できるんじゃないかと思うとワクワクです。さらにその先を見ると、ウルトラマラソンとか100kmマラソンとか、超長距離な大会なんかもチャレンジできるんじゃない?と、欲も出てきます。また、体調がよくなり体力がついてこれば、今後いろんな可能性が開けてきます。

たとえば、海外にもいろんなマラソンがありますよね。ハワイマラソンなんか有名ですが、妻の母国の韓国にもマラソン大会があったり、海外旅行ついでにマラソンというのも楽しそう。さらに、走るだけじゃなくて、体力がついてこれば、夢だった海外の長距離トレッキング旅などもチャレンジできるかもしれないし、夢は広がるばかり。

また、少し次元の違う話だと、健康のための経費としてランニング系グッズやウェアを試してみたりするのも楽しい。スポーツ用品店に行くのも楽しくなってきたし、先日はお店の方とランニング談義に花を咲かせることができたりと、純粋に毎日が楽しくなってきました。

とはいえ、当面はとにかく健康向上を目標として、今年いっぱいは継続して走ること。ダイエット、そしてこの忌々しい中年のビール腹をなくすべく、頑張って走るぞ!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする