The Elements of Styleで学ぶ英語ライティング – 用法2

In a series of three or more terms with a single conjunction, use a comma after each term except the last.(3つ以上の用語を1つの接続詞を使って並列する場合、末尾を除く各用語の後にカンマを置く)

なんか長いですが、つまり3つ以上の名詞などを言いたい場合(「りんご、みかん、またはスイカ」や「食べて、寝て、起きる」など)のカンマの使い方の話。

原則

タイトル通り、3つ以上の用語を1つの接続詞(andやor)でつなぐ場合、最後の用語を除いて、各用語の後ろのカンマを置きます。下の例を見るとわかりやすい。

red, white, and blue
gold, silver, or copper
He opened the letter, read it, and made a note of its contents

翻訳やっていてもよくあるパターン。ぱっと見「当たり前じゃん」と思ってしまいそうだけど、簡単に読み飛ばしてはいけません。よく考えると確実に使わないと誤解を招く可能性もありそう。たとえば、最初の

red, white, and blue

は「赤、白、および青」という意味ですが、間違えてしまいそうなパターンとして、

red, white and blue

というのがあります。似ているけど、whiteの後にカンマがありません。こう書いてしまうと、3つの色の並列ではなく、「赤いものと、白と青がまざっているもの」という2つの色と読めてしまう可能性があります。本当はホワイト、ブラック、シルバーの3色の製品があるのに、コンマつけないだけで、ホワイトとブラックシルバーという2種類の製品のように読めてしまったり、割と致命的な勘違いを生みかねない。

ちなみに、これはシリアルカンマ(Serial comma)と呼ばれるそうです。初めて聞いた。

例外パターン

TEOSでは、会社名で使われている場合はコンマをつけないとあります。例として、

Little, Brown and Company
Donaldson, Lufkin & Jenrette

が挙げられています。英語の社名を作る機会はなかなか無さそうですがね。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする