走っても揺れないランニングポーチならFlip Belt(フリップベルト)で決まり

皆さん、今日も走ってますか〜?

今日はランニング時の持ち物問題のお話。

ランチング時の持ち物問題

ランニングを始めて困ったのが、ランニング中の持ち物。別に手ぶらで走ってもいいんですが、楽しく測定しながら走って、緊急時にも備えようと思うと、どうしても数点の持ち物が発生します。

個人的には

  • 家の鍵
  • スマホ
  • (コースによっては)多少のお金

を持ち歩いています。お金に関しては、最近はiPhone単体でコンビニや自販機で飲み物買えたりするので、その他の買い物や食事が発生しそうな場合だけですが、コースによっては緊急時のタクシー代が必要になる可能性もありますよね。

で、最初に購入したのはNikeのランニング用ウエストパック

非常にスタンダードなタイプで使い勝手も悪くないのですが、走っている途中にずれてきてベルトの調整が必要だったり、スマホで写真を撮りたい時に取り出しがちょっと手間だったりと、少し不満がありました。特に僕なんかはおなかが少し出ているので、完全にフィットさせるのが難しく、体型的にもすこし相性が悪い。

というわけで、2代目のランニング用バッグとしてFlip Belt(フリップベルト)というランニングポーチを買ってみました。

Flip Belt(フリップベルト)とは

フリップベルトは、バッグというよりか伸縮するチューブ型のベルト。

IMG_3645

IMG_3647

バックルでカチッと装着していた以前のバッグと比べて、これは足から履く感じ。

IMG_3691

伸縮性がほどよく、驚くほどフィットします。何度か走りましたが、着けていることを完全に忘れるくらい装着感は抜群です。

使い方ですが、こんな感じでチューブ型のベルトにスリットのような切れ込みが入っていて、そこからチューブ内に持ち物をぐいっと入れる感じ。スリットが何カ所かあって収納力も結構あります。専用のウォーターボトルとかもあるようです。

what_is_belt_jp
Flip BeltのWebサイトより)

英語ですが、公式サイトの動画もあります。

素材がすごく柔らかいので、取り出しもすごくスムーズ。鍵とかも落とさないようにフックも1つあるので安心。開いているスリットが片側のみなので、商品名にあるとおりベルトをぐりっと裏表をフリップさせれば、落とす心配もないかと。ただ、かなりフィットしているので、サイズがあっていれば、裏返さなくてもほぼ落としたりする心配はなさそう。

collage_photocat

サイズのこと

購入前に迷ったのがフリップベルトのサイズ。お店で試せればいいんですが、自分のエリアではどこにも置いてなさそうなんですよね。(追記:最近ゼビオという大型スポーツ店で見かけたので、近くにある方は見に行ってもよいかも)

フリップベルトの公式ページには、以下のような説明があります。着用する場所を考慮し、迷ったらワンサイズ小さめを選ぶべし!と。表示の寸法は通常買っているパンツのサイズと判断し、僕の場合はジーパンのサイズが32インチなので、81cm。サイズ表的にはちょうどMとLの間。ワンサイズ下ということならMなんですが、典型的な中年肥満型で結構なビール腹で、着用する場所が腰骨当たり(いつもベルトを通すところ)にする予定だったので、Lのような気も。。。

スクリーンショット 2017-06-28 14.00.11

大量のAmazonレビューを読み、結局ワンサイズ下のMサイズを購入。小さかったら痩せてから使えばいいか、と最終的には適当でしたが。でも、結果ちょうどよいフィット感。もう少しだけゆったりしていても大丈夫かもしれませんが、個人的にはフィットして動かない方がいいので、Mで正解でした。苦しいとか締め付けられる感じはありませんでした。

ちなみに、商品にはインチ表示のタグと、ホームページと若干寸法の違う表示のタグがあったので、参考までに。

IMG_3650

IMG_3653

総評

数回着用して走ってみましたが、これは大正解だったと思います。持ち運ぶものが増えてくるとどうなるかまだわかりませんが、スマホ+鍵+小型財布くらいならまったく動いたりしません。繰り返しますが、着けていることを忘れてしまうレベルです、また、なんと言っても取り出しやすくて、スマホを出して写真撮りたいときも本当に楽。するっと取り出せて、にゅっと収納できます

色の種類も結構豊富です。僕の場合はベルトを着けるあたりの腰骨で着用していて、その上にどうせTシャツがかぶってしまうのと、シャツやシューズが比較的明るい色のことが多いので、スタンダードっぽいカーボングレーを選択。実物も写真通りで無難な色だったと思います。ちなみに、タグにはMade In USAと書いてありました。

あとは、距離が伸びてきた時に、ウォーターボトルや携行食などを入れたときにどうなるかですが、おそらくまだまだ収容しても邪魔になることはなさそうな雰囲気です。価格も現在4000円以下と比較的手頃なので、もしランニング・ジョギング用のバックを探している方がいれば、検討してみる価値はありです!

2018年6月追記:

フリップベルト購入してから1年近く経過しましたが、伸びてしまうこともなく、思ったよりもしっかりと作られているようです。若干色にも飽きてきたので、今度は別の色を追加購入しようかと検討中。現在は妻も愛用しています。

by カエレバ

by カエレバ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする