K-POPっぽくない韓国音楽:楽童ミュージシャン

楽童ミュージシャン(악동뮤지션)は韓国の兄妹デュオ。日本語発音は「アクドンミュージシャン」。「K-POPスター」というオーディション番組出身で「発掘」されて、2014年にデビュー。韓国の芸能人には海外育ちも結構多く、楽童ミュージシャンもそのうちの2人ですが、珍しいのがモンゴルというところ。といっても、モンゴル出身ではなく、両親がキリスト教の布教で数年滞在していたとか。

写真とかミュージックビデオを見てもわかるとおり、2人とも(失礼ながら)まったく普通の見た目。そこで、デビューするときの条件で「整形をしない」と掲げてたのも面白い。たぶんそれでファンになった人も多いんじゃないかしら。

こちらの2曲はファーストアルバムから。韓国行ったことある人なら、どこかで聴いたことあるかもしれない。

こちらはオーディション番組時代の映像。ほぼプロレベルで、初めて見たときびっくりした。これが天才か、と思った。みんなもぜひビビってほしい。

歌の内容からしても、基本的には若いファンが多いと思うけど、前述の「整形をしない」宣言あたりで、僕みたいな少し(いやだいぶ)年上の層にも受けているような気がする。僕は少なくともそれで結構やられてしまった。

ちなみに、音楽は基本的にお兄さんが全部作曲してみるみたいです。この前韓国のトーク番組でお互いが「自分がメインだ」みたいな話をしていたけど(「私がセンターで歌っている」VS「俺が曲作ってる」)、僕はこのお兄さんが化け物だと思う。

この辺からもう少し最近の曲。

これは一番最近。この辺を聴くと、やはり妹の声が凄いのか?とも思えてくる。

個人的には最初のアルバムが楽しくて好きだけど、どの曲も聴いてて元気になる。

Youtubeでは「akmu」と検索するといろいろ聴けるので、ぜひ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする