2017年8月の振り返り

なんだかあっという間でしたね。今年の夏。気がつけばもう9月。気温もだいぶ落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたねぇ。やっぱり秋がええわ。

さて、今日は8月の振り返り。

お仕事

8月はおそらく過去でも最高レベルの忙しさでした。翻訳作業は基本Togglでログ記録取っていて、先月の総時間を確認すると、合計作業時間211時間。ちょっとオーバーワーク気味。

1日あたり8時間作業とすると、26日仕事したことになるので、週1日休みがあった程度。でも感覚的には毎日ずーっと仕事していたような感じだったような。。。実際はお客さんとの連絡やら、その他の作業も少し発生しているので、実際ほぼ毎日仕事してたんでしょうね。9月は少し落ち着くとよいのですが。

ランニング

晴れていたら毎日レベルで走っていた7月までと比べて、8月は少なめで合計100kmちょっとでした。実は、8月に入ってから膝の調子がおかしくて、7月までがやはりオーバーワークだったんでしょう。無理はいかんですよ、本当に。

というわけで、今は週3回程度にしています。抑え気味にした分、膝の調子もだいぶよくなってきました。疲れたら、がっつり休むべしです。

ただ、体重はそれほど落ちていない。走り始めてから2kgくらいは落ちているんですが、ランニングだけじゃ、あまりダイエット効果はないのかもしれない。筋トレも適度に必要なんでしょうね。

読書

8月に読了したのは以下。忙しかったこともあって少し少なめでした。

Hiroshima(John Hersey)

いつかは読もうと思っていたJohn HerseyのHiroshima。日本の話を英語で読むのは少し変な感じではあったけど、読んでおいてよかった。

聯合艦隊司令長官 山本五十六(半藤 一利)

こちらは半藤さんの山本五十六の本。半藤一利さんは昭和史の本で有名。僕の現在の昭和史観はこの人に作られているような気もするくらい大好きな方。半藤さんの本は割と手当たり次第読んではいるんですが、これはまあ星三つといったところ。山本五十六については、別に詳しい本を書かれているようなので、来年あたりにそちらも読んでみよう。

ボーン・コレクター(Jeffery Deaver)

仕事で頭が疲れてくると、どうしても読みたくなるのがミステリー。で、今回は各所で絶賛されていたJeffery Deaverのボーン・コレクターに手を出しました。ずっと昔に映画は見ていたんですが、ストーリーもほぼ忘れていたのでちょうどよかった。噂通り、いや想像を少し超える面白さ。久しぶりにシリーズを続けて読みたくなりました。映画ってこんなに面白かったっけ?と思い、読了後には久しぶりに映画も見てみましたが、単純に本が数倍よかった。

お買い物

今月はあまり大きな買い物がなかった。ただ、前にブログにも書きましたが、そろそろMacBook Proを買おうと思っていて、その下調べしてたらあっという間に8月が終わった感じ。MacBook Proは13インチを買うつもりで整備品の在庫を日々チェックしていたのですが、ここ数日はまた15インチに心が移ってきていて、またウジウジ迷い始めている状態。これが楽しかったりもするんですけど。

その他

個人的に大きなサプライズだったんですが、妻がゼルダ始めました。笑

僕は人並みにゲームするんですが、妻は本当にたま〜に参加する程度。自分からやりたいゲームを探してきたりなんて一度もしたことないし、僕の付き合いで昔マリオカートとかみんゴルとか少しやったくらい。ただ、今回のSwitchのゼルダは本当にすごいみたいで、そんな妻もドはまりするほど。いや、とにかく、任天堂すげえ!と。

来月の予定

9月はもう少し仕事も落ち着くと思うんですが、さてどうなることやら。

そうそう、9月は妻の実家(@韓国)にしばらくお邪魔する予定。前回行ったときに大きなモニターを買って、余っていたキーボードとかも置いてきたので、今回はメインのノートパソコンを持って行くだけ。もう気分的には自分の韓国オフィス。8月に酷使した体に韓国料理を注入しつつ、向こうでもバリバリ仕事してきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする